ごろあわせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は 茄子の日 ってご存じでした?

4月17日は、 四(よ)一(い)七(な)「よいなす」の語呂合せと、ナスが好物であった徳川家康の命日であることから、冬春なす主産県協議会が制定されたそうです。

なすびといっても、たくさんの種類があることをご存じでしょうか?

  • 千両茄子
  • 長茄子
  • 大長茄子
  • 小茄子
  • 米茄子
  • 加茂茄子
  • 水茄子
  • 青茄子
  • 白茄子

実はまだまだあるんです!

「一富士、二鷹、三茄子」とも言うように、縁起物ともされる茄子。食卓の定番野菜でもあります。そんな身近なお野菜ですが、栄養もたっぷり♪

茄子全体の約94%が水分! 

ナスニン

ナスの皮に含まれている特有のポリフェノール。強い抗酸化力があります。また、アントシアニン系色素のポリフェノールであるため、眼精疲労の緩和にも効果があるとされています。

カリウム」

豊富に含まれていることが特徴。体の熱を逃がす働きがあるため、夏バテ解消のために食されることもある。(妊婦など体を冷やしてはいけない人は、多量に食べることを控えた方がいいです。)

他にも、ビタミンAや食物繊維など、様々な栄養がある茄子。もちろん、効能もたくさん。アンチエイジング、がん予防、デトックス効果…これはもう 食べなきゃ!


今回は 廃材を使っての手作り玩具を作ってみましょう♪

「跳んでひっくりカエル」

「つみ“パック”」

準備物:空きパック、はさみ、カッター、輪ゴム

空きバックを使います。牛乳パックが主流ですが、アレルギーをお持ちの方もいらっしゃるので、オレンジジュースなどでも大丈夫です☆

はさみ・カッターを使って、パックを切っていきますが、幅は好きなサイズに切ってください。必要に応じて、定規とペンを使いまっすぐな直線で切っていくのもいいですね ^^

輪ゴムを使って跳んでジャンプする玩具を作るため、伸びきっていない輪ゴムがおすすめです。

今回は少し細い幅に切り取りました。

この時、カエルやウサギなどのイラストを付けたり、画用紙や折り紙・テープなどで飾りつけをするのも制作あそびの楽しさですね♪

折れ目部分の対面同士、両端4か所に少し切込みを入れます。切れ込みを入れた場所に輪ゴムを少し挟み込ませます。

上手くいくと、こんな感じに一体化します。

輪ゴム部分が床や机と平行になるように、上から手で押さえます。 そして、手を放すと!!!

ジャーンプ

大人にとっては懐かしい玩具ではないでしょうか? お子様にとっては、想像よりも高く跳んで、クルリンとひっくり返ることに、驚きと面白さで何度も挑戦すること間違いなしですね♪


牛乳パックをたくさん切ります。ほかには、キッチンペーパーやトイレットペーパーの芯でもいいです。お好みの幅に切ります。

一番底は小物入れになります♪ これもまた、画用紙やテープなどで飾りつけをすると かわいい♪

パックの積み木として、積み上げたり、何かに見立てたりなど、お子様たちが遊びを通して、考え・想像し、また、遊びをどんどんと広げていき応用する力を育む玩具となります。 以前つくった、ペットボトルの蓋パーツも同じく。 お子様たちの発想力に驚かされるのも、一緒に遊ぶ楽しさの一つでもありますね☆


べビーシッター くれどる
06-6343-7381
cradle@hokutai.jp
(営業時間:平日9:30~18:30)

SNSでもご購読できます。