危険がいっぱい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1954年4月28日 日本初の缶ジュースが発売された日なんです。

ちなみに、発売したのはオレンジジュース

製造販売したのは、明治製菓株式会社。 第二次世界大戦の後に、アメリカから瓶入りの商品が日本に普及しましたが、オレンジジュースに含まれるビタミンCが熱や紫外線で壊れてしまい、色や味が変質してしまい…それを解決出来るのが、缶入りでした。 みかんの缶詰からヒントを得て、開発されたそうです。

その後1958年に缶ビール、1969年には缶コーヒーも登場しました。

ちなみに、缶と言ってもアルミスチールがありますよね?  違いをご存知ですか??

アルミ軽く柔らかい特性。容器の強度を保つ必要があるため、内部圧力が高くなる炭酸飲料窒素充填された果汁飲料などに多く使われています。
スチール強度が高く、丈夫。高温・高圧をかけて殺菌するコーヒーなどの飲料に多く使われています。
現在は技術が進み、コーヒーにアルミ缶の使用が可能となり、徐々に容器使い分けの制限がなくなっているそうです。


家の中で過ごすことも多い近頃、ペットボトルと同様に缶を家で利用することが多いのではないでしょうか?

家の中での危険

以前より問題に上がっているものの、実際には危険とは感じていないことも!

特に、缶ジュースに慣れたお子様が、おいしそうなパッケージのアルコール飲料を誤飲するということが多々あります。

また、灰皿代わりに缶やペットボトルに何げなく煙草の吸殻を入れていて、吸い殻もしくは、灰やニコチンの浸出液を飲んでしまったということも。

少量でもとても危険な場合が多くあります!

防げるものは、防ぎましょう☆

誤飲した時の電話相談窓口/中毒110番・電話サービス

  • 大阪中毒110番 (365日、24時間対応)072-727-2499
  • つくば中毒110番 (365日、9時〜21時対応)029-852-9999
  • タバコ専用電話 (365日、24時間対応)072-726-9922  ※テープによる一般市民向け情報提供

べビーシッター くれどる
06-6343-7381
cradle@hokutai.jp
(営業時間:平日9:30~18:30)

SNSでもご購読できます。