予防接種☆インフルエンザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本感染症学会の提言にハイリスク群(妊婦等)、
小児(特に生後6か月~小学校2年生)への接種が強く
推奨されるとされています。

ワクチンの接種を希望する場合の接種の時期

10月26日以降は、特に医療従事者、65歳未満の基礎疾患を有する方、
妊婦乳幼児(生後6か月以上)から小学校低学年(2年生)
までの方々で、インフルエンザワクチンの接種を希望される方
に対して、接種できる旨を呼びかけを行っています。

・上記以外の方々も、10月26日以降は接種を待つ必要はないとされています。

詳しくは大阪市のHP


べビーシッター くれどる
06-6343-7381
cradle@hokutai.jp
(営業時間:平日9:30~18:30)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*